タバコを吸うと糖尿病(とうにょうびょう)になりやすい

●急いでいる人は私が禁煙に成功した以下の方法を参考にどうぞ!
チェック→ 31日かけて実践した苦痛なく誰でもできる禁煙方法 »

タバコと糖尿病(とうにょうびょう)

糖尿病

たばこを吸っていると、糖尿病(とうにょうびょう)になりやすくなります。

たとえば、毎日20本のタバコを25年間吸っている人は、吸っていない人に比べて糖尿病になる確率が1.5倍ほど増えます。

しかし、1年以上禁煙を続ければ、糖尿病になるリスクは非喫煙者とほぼ同じになると言われています。

また、糖尿病になると、動脈硬化が進み、心筋梗塞脳卒中などが起こるリスクも高まります。

さらに、糖尿病なのにタバコを吸っている人は、心筋梗塞のリスクは吸わない人の2.6倍にまで高まります。

禁煙すれば非喫煙者と同じレベルまで下がると言われているので、糖尿病の恐れがある人は禁煙しましょう。

サイト管理人の顔

15年の喫煙生活に終止符を打ち、禁煙に成功した理由は私の自己紹介に書きましたので、ぜひご覧ください。

「たばこはもうやめよう」と思ってから、すぐに禁煙するような体育会系のノリは選ばず、1ヶ月かけて禁煙をしようという作戦を考えつきました。

この作戦の詳細は31日かけて実践した苦痛なく誰でもできる禁煙方法をご覧下さい。