米国の新たばこ規制法が施行

●急いでいる人は私が禁煙に成功した以下の方法を参考にどうぞ!
チェック→ 31日かけて実践した苦痛なく誰でもできる禁煙方法 »

2010年07月20日

米国の新たばこ規制法が施行

アメリカのニューヨークでは、市当局がたばこ販売店に禁煙を訴えるポスターを張るよう義務づけるキャンペーンが行われています。

しかし、「言論の自由への干渉にあたる」と言う人も現れ、裁判に訴える騒ぎに発展しているそうです。

ニューヨークの中心マンハッタン。ある雑貨店に入ると、レジ近くに大きなポスターが張られていた。脳のCTスキャン写真をあしらい、病変部分は赤くなっている。「喫煙は脳卒中の原因。今日、禁煙しよう」と記載され、市保健衛生局の連絡先を添えている。

この騒動の背景には、アメリカでは2009年6月に成立され、今年6月から施行された新たばこ規制法があります。

この新たばこ規制法では、パッケージや広告にライト」や「低タール」「マイルド」などの表現を使うことも禁止しています。

その理由は、「たばこが健康に与える影響について、その印象を和らげると誤解を与えるから」というもの。

タバコメーカーは、この新たばこ規制法に対抗するために、銘柄を「色」で表現しています。

たとえば、マールボロなら

・マールボロ・ライト→ マールボロ・ゴールド

・マールボロ・ウルトラ・ライト→ マールボロ・シルバー

といった具合。


ニューヨーク州は2010年7月から「たばこ増税」をスタートし、1箱当たり11ドル(1000円)前後と全米最高額になっています。

また、ニューヨーク州は飲食店やオフィスビル、公共施設の建物内だけでなく、公園や砂浜での「屋外禁煙」方針も打ち出しました。

喫煙者は、ニューヨークへの旅行は避けた方がよさそうですね。

米国:NY「たばこ戦争」 販売店に禁煙ポスター義務化

サイト管理人の顔

15年の喫煙生活に終止符を打ち、禁煙に成功した理由は私の自己紹介に書きましたので、ぜひご覧ください。

「たばこはもうやめよう」と思ってから、すぐに禁煙するような体育会系のノリは選ばず、1ヶ月かけて禁煙をしようという作戦を考えつきました。

この作戦の詳細は31日かけて実践した苦痛なく誰でもできる禁煙方法をご覧下さい。


島根県 お部屋露天 温泉旅館・宿 島根県の露天風呂付き客室がある温泉宿

武蔵小杉 プロミス